フィンジアのアルコール成分に問題はないの?

フィンジア

 

育毛剤を使用する場合に思っている以上に大切なのが“ニオイ”かもしれません?

 

多くの育毛剤は朝と夜一日二回使う事が多いために、朝のお出掛けの前に育毛剤を使用する人はそのニオイが結構気にかかるなのではないでしょうか?

 

以前、私の父が朝仕事に行く前に育毛剤を使った後に髪の毛を整えていたのですが、当時は父から何やら特有のニオイが漂っていたことを思い出します。

 

振り返ればあれは育毛剤のニオイだったと今になるとわかるような気がします。 私本人が育毛剤を使ってあの当時の父と一緒ニオイを漂わせたままに、仕事に出かけるにのはすごく抵抗があるわけです。
では、現実にフィンジアのニオイはどんな風かと言えばそこまで許せないニオイではありませんでしたが、フィンジアにも残念な事に少し匂いはあります。

 

フィンジアの匂いについて検証してみました。

 

フィンジアが臭うのはアルコールのニオイだった

フィンジア

 

フィンジアにはキャピキシル・ピディオキシジルはもちろんの事10種類を越える毛髪のためになる成分が配合されています。

 

これだけ様々な成分が配合されている場合は、幾つもの成分の匂いが混ぜられて特殊な匂いがあるのだろうと考えてしまうかも知れませんが、想定外なアルコールのニオイだけなんです。

 

その上、そのアルコールのニオイもとても繊細に匂う感じです。

 

そのため外出前の準備の時に使ったとしても、玄関のドアを開けて家から外出する頃には匂いは全部消えています。 使用した場合は正直言ってアルコールの匂いがしますが、それは基本的に短時間では周りに感づかれたり、異様な匂いが頭に残ってしまうことはありません。

フィンジアだけでなく育毛剤はアルコールのニオイがする

フィンジア

 

育毛剤の大半にエタノールといったアルコール成分が使われているって知ってましたか?

 

『育毛剤にどうしてアルコールなの?』と感じる人も多いかも知れませんがアルコールが入っているには、それなりの理由があるんです。
それは育毛成分を育毛液という形で液体状にするための溶液と考えて使われているからです。

 

一般的に、多数の育毛成分は液体というわけではなく粒子の状態である場合が多いといえます。わかりやすく言うと、育毛成分の粒子同士を雑ぜ合わせる場合には液状にすることが必要不可欠です。

 

その為に使用される原料がアルコールなのです。

 

アルコールは各々の成分との親和性が高くたくさんの成分を配合して育毛剤という形で使う場合に取り入れられる場合が多いです。

 

加えて、アルコールは成分が変わりにくいため、天然成分等が配合されている育毛剤を長い間保管していたとしても中身が腐らないようにしてくれる役割があります。

アルコールは頭皮に刺激を与えてしまわない?

フィンジア

 

いくつも口コミサイトで『アルコールは頭皮に悪影響を及ぼすからアルコールが含まれていない育毛剤を使うことが大事!』と記載されているサイトがありました。

 

ですが、このことは特定の一部の人にだけ該当する内容なので、どんな方でも該当するという訳ではないです。

 

ともかく、アルコールそのものは元来は頭皮に悪影響を与える訳ではありません。その理由は、アルコール自体にそれ程強力な作用はないからです。

 

例として、お酒を手や腕等に付けてみても、特別何も起きないですよね?とは言っても、一部分の人はアルコールに関してアレルギー反応を起こす人もいます。そういう様な人にとってはアルコールが入っている育毛剤の使用は辞めた方が望ましいと思います。

アルコールが入っていると「スー」となる?

フィンジアを使うとアルコールの匂いがあるということはそれ相応の量のアルコールが入っていると思われます。

 

実際にフィンジアのケースに記載されている成分表示の『エタノール』が成分として、書かれてることかた、フィンジアに一番たくさん配合されている成分がエタノール(アルコール)であると言うことが確認できます。

 

アルコールのイメージと言うと暑い季節に使用するウエットシートの「スー」とする爽快感が思い起こされますが、フィンジアも使ってしばらくは育毛剤をスプレーした周辺が少し涼しげなような気がします。

 

フィンジア

 

ここは好みが分かれるところですが、私は美容院などで使われるトニックの「スー」とする感じがあんまり好きになれない訳ですが、フィンジアに関しては想像以上に微妙な「スー」とした感じなので思いの外気持ち良く感じています。

 

フィンジアの口コミ、効果、成分、価格など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

フィンジアトップへ